放置してはいけない危険な虫歯Information

放置してはいけない危険な虫歯

歯医者さんに行くのは、歯が痛くて我慢ができなくなってからのことが多いですね。でも、虫歯は急にできるモノではなく、徐々に進行して行くものです。だから、痛みがなくても、または痛みを少しでも感じた場合は、早めに歯医者さんに診てもらう方が良いのです。今回は痛みがなくても、絶対に放置してはいけない危険な虫歯を紹介します。

 

 

 

放置してはいけない5つの虫歯

詰め物がとれたまま放ってある虫歯

歯の表面の硬いエナメル質の一部を治療して、詰め物で塞いでいたのが、何かの拍子で外れたのを放っておくと、中の弱い象牙質がむき出しになって、虫歯が進行し易くなります。

治療:詰め物をする
しみや痛みが無ければ、歯の神経を残した治療ができます。小さい虫歯ならプラスチックで、大きいものならセラミックや銀歯などで治療できます。

歯の中が黒く透けている虫歯

歯の表面は硬いエナメル質で覆われていますが、そのエナメル質の一部が虫歯で溶かされると、歯の中の柔らかい象牙質に虫歯が広がってしまいます。すると、残った硬いエナメル質を通して、表面上は歯の中の虫歯の広がりが黒く見えるのです。虫歯が歯の神経の近くまで行かないと、出てこないことが多いのです。

治療:できるだけ歯の神経を残す
まだ、歯の痛みが出ていないなら、歯の神経を残した治療が可能ですが、しみたり、痛みの症状が出てくると、神経を抜く治療が必要になってきますので、早めに治療する方が賢明です。

大きな穴が開いているが、しみない虫歯

歯に大きな穴が開いているのに痛みがない場合は、歯の神経がもう死んでしまった状態です。しみや痛みに我慢を重ねた結果、歯の神経が死んでしまって、痛みを感じなくなったから、これで安心と思ってはいけません。その後、顎の骨に細菌が入り、歯茎が腫れたり、顎が痛くなったりしてきます。

治療:歯の根の消毒
歯の根の治療が必要で、虫歯の部分を全部取り除き、根の中を消毒することになります。消毒後、再度細菌が入らないよう薬を詰めます。ただ、虫歯部分が広がり過ぎている場合は抜歯が必要になります。

金属の下の歯茎から膿が出ている虫歯

金属の下で虫歯になり痛みがないまま虫歯が進行すると、歯の神経が死んでしまって歯茎から膿が出ることがあります。これは劣化してできた、錆びた金属の隙間から細菌が入って虫歯になったためで、痛みが出ない場合は、知らない内に虫歯が進行し、顎の骨に膿が溜まり、歯茎から膿が出てくるのです。

治療:歯の根の消毒
一度、金属を外し、歯の根の治療を行うことになります。根の消毒がうまくいけば歯茎の膿は無くなります(=感染根管治療)。

根だけになってしまった虫歯

虫歯が進行すると、歯がドンドンかけて行き、遂には歯の根の一部だけが残るようになってしまいます。これを放っておくと咬み合わせがズレてくるのです。周辺の歯が倒れたり、上の歯が出てきたり、顎の位置や面相も変わってきます。

治療:抜歯して、ブリッジなどの処置を行います
抜歯をした後、動いてしまった歯を部分矯正で元の位置に戻してから、抜歯した箇所にインプラントやブリッジ、または入れ歯などの必要な処置を行います。

虫歯を放置するリスク

頭痛を引き起こす

お口の中の感覚をつかさどるのは脳神経の一つの三叉神経ですので、「歯が原因で痛みが出ている」状態でも、神経を通して「頭が痛い」という感覚を生じることがよくあるのです。この場合、頭痛薬を飲んでも根本的な解決にはならないので、早めに歯の治療を行う必要があります。

激痛が襲う

虫歯は、初めは多少がまんできる程度の痛みでも、進行すると歯の神経にまで虫歯菌が侵入し、激痛が生じるようになります。虫歯の痛みは放置すればするほど増すので、悪化してから歯科医院に行くと、より辛い大掛かりな治療が必要となります。

歯を失う

虫歯の初期段階なら、元の歯を残して少し削る程度の治療で治ります。しかし、放置すると神経を除去し、更に悪化すると抜歯の必要が出てきます。抜歯すれば、もう元の歯は取り戻せないので、入れ歯や差し歯、インプラントで代用することになるのです。

大事な人や身内に感染する

虫歯菌は唾液を介して他の人に感染します。家族や恋人と飲食を共にしたり、キスすることで、菌が相手にうつる可能性があるのです。このように自分だけでなく、他人にまで迷惑をかけてしまうのです。

口臭の原因

虫歯の中で細菌が増えると口臭の原因となります。口全体より特定の歯からニオイが出ている場合は、虫歯が原因になっていることが多いのです。

骨髄炎発症のリスクがある

歯の根の中に虫歯菌が侵入して、顎にまで広がると、骨髄炎になる可能性があります。骨髄炎は発熱や嘔吐、痛みや腫れなどの症状を引き起こす感染症ですが、原因が虫歯とは思わず、風邪薬の処方のせいで回復が遅れることも考えられます。

脳梗塞・心筋梗塞のリスクがある

虫歯菌は歯や神経の破壊に留まらず、血液に侵入して全身を巡ることがあります。この菌が脳に広がると脳梗塞に、心臓に広がれば心筋梗塞を発症するリスクがあるのです。可能性は低いですが、絶対にないとは言い切れません。

いかがでしたか、虫歯になってしまったら、放置しておいて治ることはありません。

早めの治療が一番であることが、お判りいただけたと思います。

カテゴリ