口腔外科と歯科との違いInformation

口腔外科と歯科との違い

親知らずを抜こうと思った時、口腔外科と歯科のどっちに行くのか悩む方が多いようです。顎の小さな日本人は、親知らずに関係したトラブルを抱える方が多いようです。今回は専門性の高い口腔外科について紹介しましょう。

 

 

 

歯科とは

歯科のお仕事

歯科は歯や歯に関係した組織に関係する診療で、具体的には虫歯の治療や歯並びの矯正、詰め物や入れ歯の製作・装着などが取り扱いの内容となっています。実際に行う処置だけではなく、学校で行う歯科検診や歯科衛生士が行う歯磨きの指導なども大事な役割です。

 

4つの診療科目

歯科は主に、「歯科」「矯正歯科」「小児歯科」「歯科口腔外科」の診療科に分かれ、医院の看板にはそれを記載することが法律で定められています。ですから、「美容診療」や「インプラント歯科」といった表記はHP上では見られても、看板に挙げることは出来ないのです。

 

口腔外科とは

口腔外科のお仕事

口腔(口の中)や顎、顔面、その周辺の疾患に対応する診療科目で、「歯科口腔外科」がこれに当たります。口や顎、顔面の手術などを行うことが多いです。口腔外科で扱う疾患には、先天的なものと後天的なものがあり、親知らずに関連するトラブルはその後天的疾患の代表的なものです。具体的な身近なトラブルとしては、親知らずの抜歯やその周りの歯茎の炎症などが挙げられます。その他には、スポーツや交通事故などによって顔や顎を怪我した場合に、外科的な処置を行う必要が出てきます。でも中には、口内の唾液や粘膜に関係する内科的病気を扱うなど、その対象は広くなっています。

 

口腔外科認定医・専門医・指導医

歯科医師、又は医師のライセンスを持っていれば口腔外科医師として働けますが、口腔外科医としての専門性を認定した資格があります。

 

口腔外科認定医

口腔外科認定医は初期臨床研修終了後2年以上の研修期間中に、基本的な口腔外科診療の経験実績と学術的実績が求められ、申請書類の審査と筆記試験によって認定されます。取得に必要な研修期間は専門医の1/3ですが、口腔外科専門医に準じる診療技能を修得し、5年ごとの資格更新の義務があります。

 

口腔外科専門医

口腔外科専門医の資格を取得するには、歯科医師(医師)免許取得後、初期臨床研修終了後に6年以上、学会認定の研修施設(准研修施設)に所属し、口腔外科に係わる診療と学術的活動に従事して一定以上の実績を有することが必要になります。特に手術実地審査では、試験官が申請者の口腔外科手術を実際に見学して、その手術の能力を判定します。また、5年ごとに専門医資格の更新義務があるので、期間内の一定の研修実績をあげることが必須になっています。

 

口腔外科指導医

口腔外科指導医は、若手の口腔外科医の診療・研究を指導するのに相応しいと認定された者に付与される資格です。初期臨床研修終了後に12年以上、口腔外科に係わる豊富な診療経験と学術的活動の実績が要求されます。指導医の資格は書類審査と手術実地審査・面接を経て認定されますが、良識ある人格も兼ね備えていることも審査されます。また、一定の指導実績を前提として5年ごとの更新が義務付けられています。

 

口腔外科を受診した方がよい場合

歯科対応の治療以外の症状、口腔や顎、顔面などの症状では口腔外科が対応できます。

外科手術が必要な時

親知らずなどの埋伏歯の為に切開する必要がある場合や、歯を砕いて除去する必要のある親知らずの抜歯などには、口腔外科で治療する方が良いです。

 

奇形、変形症の場合

口蓋裂や顎変形症、顎関節症などは、矯正治療に留まらず手術が必要なことも多くなります。口を開ける時に異音がする、痛い、口が開き難いなどの顎関節症は、早めの治療により短期間で効果が見込めます。

 

炎症が激しい場合

埋まって生えている親知らずや、噛み合わせが良くない親知らずのせいで、歯茎が炎症を起こした場合は抜歯する必要があります。虫歯や歯周病が原因で感染症が重くなると、死に至ることもあるので、全身を管理できる口腔外科が最適なのです。

 

外傷を伴う場合

事故などで歯を打って、抜けそうになったり抜けた時、または顔や顎の骨を折った場合には、早急に口腔外科を受診してください。

 

神経性疾患がある時

顔面けいれんや顔面まひ、三叉神経痛などの顔面神経痛では、早期の発見・治療が大切になります。

 

その他

口腔乾燥症や酷い口臭、味覚障害、インプラント治療、シェーグレン症候群(※)などにも対応してもらえます。

※シェーグレン症候群:ドライアイなどの眼症状以外に、口腔症状ではドライマウス(口腔乾燥症)で、自己免疫反応により唾液腺が破壊されて唾液の分泌が減少して起こります。

 

 

いかがでしたか、口腔外科専門医院でなくても、埋まっている親知らずを抜いたり、外傷に対応できる場合もありますので、まずはかかりつけの歯科で相談してみるのが良いでしょう。

カテゴリ