歯周病と認知症の関連についてInformation

歯周病と認知症の関連について

最近、歯周病と認知症の関係について、新聞・雑誌・メディア等で見聞きする機会が増えてきました。果たして、歯周病は認知症の原因となるのでしょうか? 歯周病を治療や予防することで、認知症も予防できるのでしょうか? 今回はその歯周病と認知症の関係性についてのお話です。

 

 

 

認知症の現状

65歳以上の高齢者で認知症を発症する人の割合は約15%で、前段階とされる軽度認知障害者を加えると、65歳以上の方の4人に1人以上が該当するとされています。近い将来3人に1人の時代も考えられるようになってきました。高齢化社会の中で増え続ける認知症に対し、これをどう予防し、悪化させずに済むかは、重大な関心事になってきています。そんな中、歯周病対策が認知症対策の一助になるのではと、期待される研究があります。

 

歯周病の原因菌「Pg菌」

2013年、アルツハイマー病の患者の脳から歯周病の原因菌である「Pg菌」が見つかりました。アルツハイマー病の患者10人の内、4人の脳から「Pg菌」が見つかり、同年齢で認知症でない10人の脳からは全く見つからなかったのです。

その後、マウスを使った研究がすすめられ、歯周病菌を投与したグループと投与しなかったグループに分けた結果、歯周病菌を投与されて作られた歯周病のマウスは、そうでなかったマウスに比べて認知機能が低下したり、脳内にアルツハイマー病特有の炎症や老人斑が認められました。

 

「カテプシンB」

九州大学の研究グループによると、アルツハイマー病特有の脳異常を引き起こす物質が歯周病菌から生成される可能性が分かり、「カテプシンB」という酵素に老人斑の生成や脳の炎症を引き起こす働きがあると分かってきました。

 

「酪酸(らくさん)」

また日本大学歯学部では、歯周病の原因菌によって作られ、口臭の原因ともなる「酪酸(らくさん)」においても、脳細胞の破壊の原因となるタウタンパクや鉄分子を増やすという研究結果が報告されています。歯周病患者の歯周ポケット内の「酪酸(らくさん)」の数が、健康な人の約10~20倍も多く見つかることを考えると、認知症へのリスクも高まってきます。

 

歯周病菌は全身病の原因

口の中に潜む歯周病菌が、粘膜の表面にある毛細血管を通して全身を駆け巡ることで、糖尿病や心筋梗塞、脳血管障害、動脈硬化など、様々な全身病の原因となります。

この歯周病菌が脳に達することで、いろんなプロセスを経てアルツハイマー病を悪化させるリスクとなっていると考えられています。

 

アルツハイマー病と歯周病原因菌の関係

認知症の7割を占めるアルツハイマー病は、「アミロイドベータ(Aβ)」などの異常タンパク質が、長年かかって少しずつ脳に蓄積され、発症し、症状が進行するとされています。歯周病の原因菌やその毒素が毛細血管を通して体内に入ることで、「Aβ」が作られ脳に蓄積されますが、近年、その仕組みがだんだん分かってきました。

 

実験とその結果

九州大学や北京理工大(中国)などの研究チームによる実験と結果では、次のように報告されています。

3週間、マウスのお腹の内に歯周病菌を直接投与して、正常なマウスと比べてみると、歯周病菌に感染したマウスの脳血管の表面には、「Aβ」を脳内に運ぶ「受容体」と呼ばれるタンパク質の数が約2倍に増え、脳細胞への「Aβ」の蓄積量も10倍に増えていました。

マウスに暗い部屋に入ると、電気ショックを受けるという実験を行うと、正常なマウスは5分間、明るい部屋に留まっていましたが、歯周病菌に感染したマウスは約3分で暗い部屋に入ってしまい、記憶力の低下が伺われました。

また一方で、「Aβ」を運ぶ受容体の働きを阻害する薬剤を使うことで、感染した細胞内を通る「Aβ」の量を4割も減らせることも確認されています。

 

 

研究したチームによれば、「異常なタンパク質が脳に蓄積されるのを、歯周病菌が加速させていることが明らかになった。これにより、歯周病の治療や予防することによって、認知症の発生や進行を遅らせる可能性がある」と、語っています。

カテゴリ