• Home > 
  • お知らせ > 
  • コラム > 
  • 歯がボロボロ……「今さら歯医者に行くのは恥ずかしい」という人はどうすればいい?

歯がボロボロ……「今さら歯医者に行くのは恥ずかしい」という人はどうすればいい?Information

歯がボロボロ……「今さら歯医者に行くのは恥ずかしい」という人はどうすればいい?

「歯が痛い」「歯が抜けた」……歯医者へ行かなくちゃいけないと分かっていてもなんとなく行きづらいという方、そして歯医者が苦手という方は少なくないでしょう。「歯の治療が怖い」「ボロボロの歯を見せるのが恥ずかしい」など、さまざまな理由があるようです。

 

でも、虫歯や歯周病は放置しておくと、さらに悪化してしまいます。今回は歯医者が苦手な方へ、歯科医院の正しい選び方や通院時の心構えについてご紹介します。ぜひ勇気をもって歯科医院の扉を開いてください。

 

 

大人でも歯医者さんが嫌いにはこんな原因が考えられます

 

まず、大人にとって歯医者が行きづらい場所である理由について考えてみました。また、歯医者を怖がらずに受診する方法についてもアドバイスしています。歯がダメージを受けて取り返しがつかなくなる前に、早めに歯医者へ行くようにしましょう。

 

「歯医者が怖い」と感じるトラウマがある

 

歯医者特有のにおいや音。そして、ひんやりして孤独な診療台。治療が始まれば逃げられない、「ギューン」という機械音とあご全体に響く振動。子どもの頃に通院したときの記憶によって、「歯医者=怖い」とすりこまれているのかもしれません。

 

また、両親に「お菓子ばっかり食べていたら虫歯になって、歯医者へ行かなきゃいけなくなる」とか「悪いことをしたら歯医者さんに連れてくよ」と叱られた経験があるのかも。こうしたせいで、歯医者に対するトラウマがある方もいるようです。

 

「治療は絶対痛い」という恐怖心がある

 

痛みに対する感じ方は人それぞれ。そもそも痛みに弱い方にとって、歯科医院で歯を削ったり、注射を打ったりすることは想像するだけでイヤなもの。そのため歯に多少の痛みや違和感があっても「治療するよりマシだ」と放置してしまうようです。

 

そして虫歯の痛みにガマンできず、しかたなく歯科医院へ来たときには歯はもはやボロボロの状態になっていて、抜くしかない……という状態になっているのかもしれません。

 

治療に時間がかかったり、通ったりするのが面倒

 

歯の治療は、「1回注射したら終わり」「薬を飲んだら終わり」といった単純なものではありません。削ったり、型を採ったり、被せものをしたりと、ある程度時間がかかるものです。

 

歯の病気は放置すればするほど、よけいに治療時間がかかってしまいます。だからこそ、「面倒だから」「時間がかかるから」と考えず、通いやすい歯医者を見つけるようにしましょう。

 

職場に近い、ターミナル駅から近い、土日や夜間も診療しているなど、きっと通院しやすいと思える歯科医院が見つかるはずです。

 

大人が歯医者嫌いを克服するには?

 

歯医者嫌いを克服するにはどうしたらよいでしょうか? それには2つの方法があります。1つは「歯科検診に行き、歯の治療が苦手ということを伝える」、そしてもう1つは「歯医医師の説明をよく聞く」ことです。

 

歯が痛くないうちから歯科医院へ通い、慣れる習慣をつけましょう。半年に一度くらいを目安に定期健診を受け、歯医者に慣れることをおすすめします。

 

また、健診時には歯科医師や歯科衛生士に「歯医者が苦手」ということを正直に伝えるようにしましょう。苦手なことを伝えるのは、決して恥ずかしいことではありません。

 

2つめは「歯医者の説明をよく聞く」ことです。真っ暗で先の見通せない道を進んでいくのは大人でも不安で怖いもの。それは歯科治療でも同じです。

 

歯医者から説明をよく聞けば、現在の歯の状態、目指すゴールの歯の状態、そのためにどのようなプロセスを経て治療を進めていくのかがきちんと理解できます。どんな治療が行われるのかあらかじめ分かっていれば、心の準備ができますよね。

 

歯医者さんがおすすめする! 安心して通える歯科医院って?

 

日本における歯科医院の数は、コンビニよりも多いという調査があります。皆さんの家の近くにも、通える歯科医院がいくつかあるでしょう。多くの歯科医院の中から、本当に良い医院を見つけるのは至難のわざかもしれません。

 

歯科治療からしばらく遠ざかっている方が、これから通おうとする歯科医院を見つけようとする場合、次のような点に注意して探してみましょう。

 

まず、しっかり説明してくれる歯医者や歯科衛生士がいることです。治療法がよく分かれば、治療に対する不安が少なくなります。そのためにも、患者さんとコミュニケーションがとれる歯医者や歯科衛生士なら安心です。

 

また、診療時間をしっかり確保して、丁寧に診てくれる歯医者であることです。ひとりの診療にある程度の時間をかけて診てくれる歯医者であれば、信頼して任せられるでしょう。治療に対する説明も、丁寧におこなってくれるはずです。

 

さらに、「忙しすぎず暇すぎない」歯医者も条件となります。歯科治療は一般的に予約診療ですが、予約がなかなかとれなければ通いづらくなってしまいます。だからといって、「空いていて、予約はいつでもOK」というのも考えもの。

 

予約の変更に柔軟に対応してもらえる歯医者だとありがたいですね。やむを得ず予約をキャンセルした場合でも、次の来院日程を連絡してくれると通院しやすくなるでしょう。

 

歯科医院を受診する際の心得4ヶ条

 

最後に、久しぶりに歯科医院を受診するときの心構えについてご紹介します。

 

歯医者さんが苦手・怖いという気持ちを伝える

 

歯医者が苦手と思うことは、恥ずかしいことではありません。歯医者もそういった患者さんの気持ちを理解してくれていますので、本音をきちんと伝えておきましょう。痛くない麻酔注射など、さまざまな配慮をしてくれる場合があります。

 

治療を途中でやめない

 

痛みが消えたからといって、自己判断で治療をやめてしまうのは危険です。治っているように見えても、実は完治しているとはかぎらないからです。歯医者さんから治療完了といわれるまで、治療を続けましょう。

 

市販薬だけで治そうとしない

 

歯の痛みを止めるのに市販の鎮痛薬で済ませる方も多いです。痛み自体は治まるかもしれませんが、根本的な解決にはつながりません。治療をしなければ、病気は進行していきます。早めに歯科医院での治療を受けるようにしましょう。

 

以前の治療内容を伝える

 

以前に別の歯医者さんで治療を受けた場合には、どのような治療を受けたのか説明するとよいでしょう。すべて内容を覚えていなくてもかまいません。「この歯を治療したことがある」程度でよいので、伝えることをおすすめします。

 

カテゴリ