• Home > 
  • お知らせ > 
  • コラム > 
  • 歯並びを整えて印象をよくしたい!矯正の種類と治療期間について

歯並びを整えて印象をよくしたい!矯正の種類と治療期間についてInformation

歯並びを整えて印象をよくしたい!矯正の種類と治療期間について

 

ひと昔前のテレビCMで「芸能人は歯が命」といったコピーがありましたが、芸能人やモデルさんは確かに歯並びがきれいですよね。「それにくらべて私の歯並びは……」なんてため息をついていませんか?

歯は顔の中心にあり、第一印象も歯並びによって左右されます。また乱れた歯並びは、虫歯や歯周病、さらには肩こりや頭痛などの原因になることも。今回は乱れた歯並びを改善する矯正治療について、その種類や治療期間についてご紹介します。

 

 

 

 

外国と日本ではこんなに違う!「歯」や「歯並び」に対する意識

 

アメリカでは「歯」や「歯並び」に対する美意識・健康意識が高く、歯並びがガタガタだったり八重歯だったりする人を見かけることはほとんどありません。歯並びが悪いと仕事や恋愛においてマイナスな印象を与えかねないため、社会人になる前に歯並びを矯正するのが一般的です。

 

しかし残念なことに、先進国の中でも日本では歯並びに対する意識が低い傾向にあり、歯並びが悪くても治療しないという方が多いようです。

 

矯正治療は保険の適用外であり、こうした日本の保険制度が少なからず影響していることも、治療せずに放置することにつながる要因になっているようです。海外では虫歯治療でさえ自費診療なので、高額な治療費を考慮して「虫歯予防のため歯をきれいにする」という意識が定着しているのかもしれません。

 

歯並びは第一印象に大きく影響する

 

口元は、対面したとき最初に目がいきやすいポイントです。欧米、とくにアメリカ人の口元は歯並びが整っていて、笑顔も自信に満ちあふれているように見えます。海外では、歯並びの悪さは「自己管理能力が足りない」「清潔感がない」など、マイナスイメージに捉えられてしまうのです。

 

美しくきれいな歯並びには、第一印象をアップさせる大きな効果があります。たとえば、採用面接、営業訪問、お見合いの場面など。歯並びの美しい人に対しては、「清潔感がある」「健康的」「知的」といったイメージを持たれるのではないでしょうか。

 

歯並びがよくないと、第一印象がマイナス評価になってしまうかもしれません。もちろん、歯並びの良し悪しがすべてではありませんが、第一印象で相手にマイナスの印象をいだかれてしまったら損ですよね。

 

スマートな体型、清潔感のある服装や髪形などと同じく、整った口元と自然な笑顔はあなたの第一印象を構成する大切な要素です。グローバル社会で生きていく私たちは、歯並びについてもっと関心を持つようにしたいものですね。

 

矯正治療を検討中の方へ!代表的な4種類とおおよその治療期間

 

歯並びの矯正に関心を持っている方に、代表的な4つの治療法と治療期間の目安についてご説明します。メリットだけでなくデメリットもお伝えしますので、治療を選ぶ際の参考にしてください。

 

ブラケット矯正

 

矯正治療の中でもっともポピュラーな方法です。「ブラケット」と呼ばれる矯正装置を歯の1つずつに装着し、ブラケットに通したワイヤーを引っ張って、歯を動かしていきます。歯を動かす効果が高く、さまざまな症例に対応可能です。費用も比較的抑えられます。

 

デメリットは、歯の表側に装置をつけるので矯正装置が目立ってしまう点です。ただし最近では、金属のブラケットやワイヤーでなく、白や透明の目立ちにくい素材のブラケットを選ぶこともできます。矯正期間の目安は2~3年です。

 

部分矯正

 

前歯のすき間や八重歯など、気になる部分だけを治す矯正治療です。部分矯正には、抜歯したり歯を削ったりしながらブラケット矯正をおこなう方法やマウスピースを用いて矯正するなど、さまざまな方法が用いられます。全体矯正に比べて治療期間は短く、費用の面でも安く抑えられる点がメリットです。

 

ただし、すべての症例に対して部分矯正がおこなえるわけではありません。部分矯正だけでは期待するような結果を得られないこともあります。また、部分矯正で噛み合わせを改善することはできません。

 

治療期間の目安は3ヶ月~1年くらいで、全体矯正よりも圧倒的に短く済みます。ただし、歯並びの状態や動かしたい歯の本数によって、治療期間は変わってきます。

 

舌側矯正

 

舌側矯正は歯の裏側に矯正装置を装着する方法です。表側から装置が見えないため、矯正していることが気づかれにくくなります

 

デメリットは、矯正装置が歯の裏にあるため舌が当たりやすく、違和感を覚えたり滑舌が悪くなったりする場合があることです。また装置が裏側にあることで、歯ブラシの毛先が届きにくくなる点も要注意。治療期間は約3年で、表側のブラケット矯正より長めになります。

 

マウスピース矯正

 

一人ひとりの歯に合わせて歯科医院で作製したマウスピースをお口に装着し、少しずつ矯正していく方法です。治療が進むにつれて、新しいマウスピースに交換しながら歯を動かしていきます。

 

マウスピースは透明で目立たず、矯正していることが分かりにくい装置です。また食事や歯みがきなどのときには取りはずすこともできます。治療期間はおよそ1~2年です。ただし、装着時間をきちんと守らないと、期待する効果があらわれないこともあります。

 

 矯正中はしっかりとメインテナンスを!歯みがきは念入りに!

 

いずれの矯正方法でもなんらかの装置を歯に装着するため、歯みがきしづらくなってしまいます。

 

矯正装置は毎日清潔にしておかないと、周囲に雑菌が発生し、虫歯や歯周病にかかるリスクが高まってしまいます。せっかく歯並びがきれいになっても、虫歯で歯を失ってしまったら元も子もありませんよね。

 

矯正装置の種類や一人ひとりの歯並び、噛み合わせによって、ケアの方法も異なります。ブラケット矯正や裏側矯正の場合、装置を自分で取りはずすことはできません。しかもブラケットのくぼみに食べカスが溜まりがち。そのため、いつもより丁寧に歯みがきを行う必要があります。

 

歯と歯の間の汚れを除去するには、歯間ブラシやデンタルフロスを使用するのも効果的です。また、ご自宅でのケアだけでは落としきれない汚れがあるので、歯医者さんで定期的にクリーニングを受けるようにしましょう。

 

芦屋の歯医者「医療法人社団 芦屋 M&S歯科・矯正クリニック」では、インビザライン認定の専門医が在籍しております。インビザラインについてより詳しいページはこちらをご覧ください

カテゴリ