歯周ポケット!? あなたの歯周ポケットはきれいですか?Information

歯周ポケット!? あなたの歯周ポケットはきれいですか?

今や日本有数の俳優になられた、岡田准一さんのCMは皆さんもご存じですね。「ひらパーッ」も有名ですが、もう一つ。それが「歯周ポケット」についてのCMです。検察官役の岡田さんが法廷で、「歯周病に絶対なっていない」と云う被告の彼女に、「歯周病の疑いがある」と問いかけています。「まだ、30代の私に限って」と、彼女は否定します。そこで、歯周ポケットである歯茎の中を披露して、歯周病プラークの説明をして、「30代の3人に2人が歯周病だから、早めのケアが必要」と呼びかける内容のCMでした。今回は、そんな歯周ポケットについてのご紹介です。

 

歯周病

歯周ポケット

歯周ポケットは、歯(歯根)と歯肉(歯茎)の間に出来る溝のことですが、健康な歯肉(歯茎)の場合は、歯と歯肉(歯茎)がぴったりとくっついているので、歯周ポケット(歯肉溝)の深さは、浅いです。でも、歯周病になって歯肉(歯茎)が腫れると、歯肉(歯茎)が歯から離れて、歯周ポケットが深くなってしまうのです。

 

歯周ポケットの深さ

歯周ポケットの深さは、「ポケット探針」と云う専用器具で測れるので、歯周病がどのくらい進行しているのかの目安となります。歯の1本1本により歯周ポケットの深さは異なるので、数か所の歯の歯周ポケットを測ることになります。

健康な歯茎(歯肉)

~2㎜

健康な場合でも溝はあり、歯肉溝とも呼ばれます。

歯肉炎(軽度歯周病)

2~5㎜

歯肉が腫れて、歯周ポケットも健康な場合よりは多少深くなりますが、治療で完治することも十分可能です。

歯周炎(重度歯周病)

5㎜~

腫れが大きく、歯周ポケットもより深くなって、歯がグラつき、慢性的な腫れや膿が溜まって、歯周病の進行が早まるので、治療が困難となり、最悪、歯が抜けてしまうこともあります。

 

歯周ポケットが深まると

●歯周ポケットに歯垢(プラーク)や歯石、食べかすなどが溜まり易くなるので、口臭が酷くなります。

●歯に直接、水などが触れるので、冷たい水や温かいものなどを食べると歯がしみます。

●歯と歯肉の間が大きくなって、歯がグラグラと動くようになります。

 

歯垢(プラーク)

歯周病になって歯周ポケットが深くなると、歯垢(プラーク)が溜まり易くなります。歯垢(プラーク)とは一体何でしょうか?答えは「たくさんの種類の細菌の塊」です。口の中には数百種類・数億個以上の細菌が生息し、人間の体の中でも最も多くの細菌が住んでいる処です。この細菌が何らかの原因で増え過ぎたり、食べかす(特に糖分を含む)に付着することで、「歯垢(プラーク)=細菌の塊」が出来上がります。そして、歯やその周りにしっかりついて、歯肉(歯茎)を炎症させたり、歯槽骨や歯根膜を溶かして、歯周病を悪化させたり、虫歯を引き起こします。歯垢(プラーク)自体は黄白色なので、歯垢(プラーク)が歯に付着しているかどうかは、見分け難いです。そんな時は、指で歯を触ってみてネバネバした黄白色の物質が見つかれば、歯垢(プラーク)である可能性が高いと云えます。歯科医院では、「プラーク染色剤」を使って、どの歯にどのくらい歯垢(プラーク)が付着しているかを診察してもらえます。「歯垢(プラーク)があると云うことは、歯の磨き残しがある」ので、毎日、丁寧に歯磨きをしてもらえれば、歯垢(プラーク)を取り除くことは出来るはずです。でも、その歯磨きの仕方が悪かったり、歯並びが悪いせいなどで、歯垢(プラーク)が放置されていると、以下の症状が進行します。

●歯肉(歯茎の炎症)→出血や膿が溜まる→「歯槽骨・歯根膜」が侵され、溶ける→最終的には歯が抜ける

歯垢(プラーク)の段階なら、丁寧で正しい歯磨きによって除去が可能ですが、歯垢(プラーク)を放置していくと、歯磨きでは除去出来ない「歯石」になってしまいます。また、歯石は歯垢(プラーク)が付着し易いので、歯周病の症状が増々進行すると云う悪循環を重ねるのです。食事をすれば歯垢(プラーク)が歯につくのは仕方ありませんが、歯磨きなどで除去することは可能なのですから、歯周病予防のためには日頃の歯磨きがとても重要であり、その上に、定期的な歯科検診が歯周病予防につながります。

 

歯石

歯石は歯周病の原因の歯石(プラーク)と唾液中のカルシウムが混ざって出来た物質で、非常に頑固に歯や歯の周りに付着して、歯磨きでは除去出来ません。歯医者さんが使うスケラーと呼ばれる専用器具で除去することになります。

 

歯垢(プラーク)から歯石に

歯垢(プラーク)から歯石になるまでには、個人差があって一概には言えませんが、2日もあれば、歯石に変わると云われています。毎日、欠かさず歯磨きをする事で、歯垢(プラーク)を確実に除去して、歯石にならないようにすることが大事なのです。

 

歯石は歯周病の原因か?

歯垢(プラーク)は歯周病の最大の原因ですが、歯石自体は歯周病の原因ではありません。歯石は唾液中に含まれるカルシウムが歯垢(プラーク)と混ざって細菌が死滅して、石灰化した物です。だから、直接的には、歯周病の原因ではないのです。でも、歯石の表面は大変凸凹しているので、歯垢(プラーク)が付着し易く、その上、除去し難いのです。その歯石を除去しないで放置していると、周りに歯周病の原因菌である歯垢(プラーク)がドンドン付着して行きます。だから、直接、歯周病の原因にならなくても、間接的には歯周病に大きく関わっているのです。ですから、最低、半年に1回、出来れば2.3ヶ月に1回、歯科医院で定期検診を受けて歯石の有無を確認してください。もし、歯石が付着している場合は、除去してもらうことが歯周病予防にとって、とても大切なことなのです。

いかがでしたか、あなたの歯周ポケットは大丈夫ですか?まだ若いからと安易に考えず、早めの歯科検診が大切ですね。是非、参考にしてみてください。

カテゴリ