噛み合わせについてInformation

噛み合わせについて

何気なく毎日食べている食事ですが、自分の噛み合わせが良いか、悪いかを分かっている方は、あまりいないようです。平成23年度厚労省の統計によると、12歳~20歳までの40%以上の方に噛み合わせ異常が認められます。幼いころからだんだん完成される噛み合わせですから、悪くても気づかずに成長してしまうことが多いようです。今回はあなたの嚙み合わせについて、チェックしてみましょう!

 

 

 

悪い噛み合わせ

悪い噛み合わせのことを不正咬合と呼び、以下のような種類があります。

・叢生(そうせい):歯並びが凸凹
・反対咬合(はんたいこうごう):前歯が反対に咬んでいる
・過蓋咬合(かがいこうごう):上の前歯で下の前歯が見えない
・切端咬合(せったんこうごう):上下の前歯が先端同士でちょうど合わさっている
・開咬(かいこう):奥歯で噛んでも前歯が開いている
・上顎前突(じょうがくぜんとつ):いわゆる「出っ歯」
・下顎前突(かがくぜんとつ):下顎が前に出ている

 

噛み合わせに影響する悪い癖

ほおづえ

ほおづえをつく癖があると、ついた反対側に向かって下顎が押されて、ズレます。これが常態化すると、噛み合わせが変になるだけでなく、顎関節が痛くなったり口が開き難くなったりします。

 

舌の癖

舌を前に出す癖

舌が上下の顎の前歯を、内から外側へ向かって押し出す力がかかってしまいます。そのせいで前歯の噛み合わせが歪み、前歯と奥歯を噛み合わせても、閉じることのできない隙間(出っ歯)が出来てしまいます。

 

舌を下げる癖

本来の舌の位置は、上顎前歯の裏側の歯茎付近に当たっているのが通常です。しかし、舌が下がると、舌先は下顎の前歯の裏側に当たり、内側から押し出す方向に力がかかってきます。その結果、下顎の前歯が前へ出て、噛み合わせが受け口になってくるのです。

 

はぎしり、くいしばり

重症の場合は、奥歯だけでなくお口全体の歯がすり減って、噛み合わせ面が平らになって行きます。顎の関節にも負担がかかり、顎を痛めたり、口が開け難くなります。

 

片方で噛む

食事中、いつも片側の奥歯で噛んでいると、噛んでいる側の筋肉が発達します。これにより顎の左右の筋肉バランスに違いが生じて、顎の骨に歪みがでてきます。また、歯のすり減り方でも、左右に違いが出て、噛み合わせの歪みに繋がります。

 

指しゃぶり

子どもに多い指しゃぶりですが、癖になると上下顎の前歯に隙間ができるようになり、出っ歯になることもあります。

 

悪い噛み合わせが引き起こす症状

顎関節症

身体の中で唯一2ヶ所の関節を同時に動かして、口を開かすのが顎の骨です。そのため、片側で噛む癖があると、顎関節にかかる力のバランスが左右で異なってきます。そのせいで、顎関節や周辺組織に歪みが生じて、顎関節症になると思われます。

 

顔の表情の歪み

人はどうしても噛み合わせの良い側で、食べ物を噛む傾向があるので、どうしても筋肉のバランスに歪みが生じます。そのため、筋肉をよく使う側と使わない側では、顔の形や表情に違いが生まれるのです。

 

姿勢の歪み

下顎は頭蓋骨からぶら下がっています。噛み合わせがしっかりしていると、ぶら下がっている下顎も、左右のバランスがとれた状態で安定・維持されています。しかし、噛み合わせが歪んでいると下顎の位置も歪むので、無意識に頭の位置を調整してバランスを取るようになります。すると、歪んだ頭を支えた首や肩の筋肉のバランスに影響が出て、腕の位置も変わってきます。このように、全身に影響が及び、取れない肩こりや頭痛などの原因になると思われます。

 

噛み合わせの簡単セルフチェック

左右ズレチェック

1-鏡の前に立って、「アイーン」と唇を動かして、歯を見せてください。

2-上下の顎の前歯の真ん中を結んで、上下にズレがなく一直線になっていれば、左右にズレはありません。

 

水平チェック

1-鏡の前に立って、薄くて平たい棒を左右の奥歯で噛みます。口の端から棒の先が見える長さの15㎝くらいが良いでしょう。

2-顔の中央線(両目の真ん中から鼻の先、顎の真ん中を結ぶ線)に対して、棒が直角に見えていれば、水平方向の傾きはないことになります。

 

奥歯の噛み合わせチェック

1-上半身の姿勢を正して、上下の顎の奥歯をカチカチと鳴らして咬み合わせます。

2-左右から同じ感じで音が響いていれば、左右の奥歯がバランスよく噛めていることになります。

 

顎関節動きチェック

1-鏡の前に真っすぐ立って、両人差し指を両耳の穴の前側に当てます。

2-上下の顎の前歯の真ん中を合わせながら、「いー」と歯を見せてから、ゆっくりと口を開けます。

3-下顎の前歯の真ん中が左右にぶれずに真っ直ぐ開いて、両耳の穴の前側に当てた指先から感じられる下顎の骨の動きに、左右で違いがなければ顎関節の動きは良いと判断できます。

 

口の開きチェック

1-鏡の前に真っすぐ立って、無理しない程度に口をしっかり開けます。

2-人差し指と中指の2本を縦にして、上下の顎の前歯の間に容易に入れば、口の開きの幅はOKといえます。

 

噛み合わせ対策のセルフケア

食事の時

形のしっかりした食べ物を、左右の奥歯を使って噛みましょう。左右の奥歯を交互に、また均等に使って噛むことを意識するのがポイントです。すでに片方で噛む癖がある場合は、反対側の奥歯で噛むことを意識してください。

 

あいうべ体操

舌の筋肉がたるんでくると、舌が下に下がって、前歯の裏側を押すので受け口になりがちです。舌の筋肉トレーニングを行うことで、下がった舌先を再び上げることができます。あいうべ体操なら舌だけでなく、その周囲の筋肉も同時に鍛えられて効果的です。

 

あいうべ体操の方法

「あ」「い」「う」「べ」の順に口をしっかり開けて声を出します。この1セットを1日30セットくらい行うのが理想的です。

1-「あー」:大きくしっかりと口を開けること
2-「いー」:口の角を大きくしっかりと横へ伸ばすこと
3-「うー」:唇を前へ大きくしっかりと尖らせること
4-「べー」:舌を大きくしっかりと下へ伸ばすこと

チェックしてみてあなたの噛み合わせはどうでしたか。

歪みがあれば意識して治すことが、体全体の健康にとっても大切なことです。

是非、参考にしてください。

 

カテゴリ