歯科医院の新型コロナウイルス感染症対策Information

歯科医院の新型コロナウイルス感染症対策

蔓延する新型コロナウイルスに対して、日本歯科医師会からの「患者様へのお願い」と、当医院の対策を提示して、安心して通院できるようにしています。あわせて正しいマスクの装着方法などを載せていますので、参考にしてください。

※帰国者・接触者相談センターへの相談・受診目安は厚労省のホームページをご覧ください。

 

 

 

患者様へお願い

公益社団法人 日本歯科医師会より

発熱やのどの痛み、せき、息切れ、強いだるさ(倦怠感)などの症状があり、新型コロナウイルスの感染が疑われる方は、直接受診する前に、必ず最寄りの帰国者・接触者相談センターもしくは医療機関に電話で相談し、指示を受けていただきますよう、よろしくお願いいたします。「帰国者・接触者相談センター」はすべての都道府県に設置されています。
発熱やのどの痛み、せき、息切れ、強いだるさ(倦怠感)などの症状がある方は、受付にその旨お申し出ください。

このような方はご注意ください

次の症状がある方は「帰国者・接触者相談センター」にご相談ください。

○風邪の症状や37.5℃以上の発熱が4日以上続いている
(解熱剤を飲み続けなければならないときを含みます)

○強いだるさ(倦怠感)や息苦しさ(呼吸困難)がある
※高齢者や基礎疾患等のある方は、上の状態が2日程度続く場合

一般的なお問い合わせなどはこちら

その他、ご自身の症状に不安がある場合など、一般的なお問い合わせについては、次の窓口にご相談ください。

厚生労働省相談窓口
電話番号 0120-565653(フリーダイヤル)
受付時間 9:00~21:00(土日・祝日も実施)

聴覚に障害のある方をはじめ、電話でのご相談が難しい方
FAX    03-3595-2756

院内の新型コロナウイルス対策について

新型コロナウイルスの拡大に伴い、患者様が安心して通院頂けるように以下の取り組みを行っています。

取り組み

院内感染予防対策として衛生管理を徹底し、治療器具の滅菌・消毒に万全を期して、安全・安心な治療環境を提供しています。

共通スペース(待合室、お手洗い、各診療台、院内)は次亜塩素酸水で消毒

次亜塩素酸水は強力な酸化作用で新型コロナウイルスなどを一瞬にして死滅させた後、ただの水に戻り、人体には一切害がありません。

高性能医療用空気清浄機を設置

浮遊粒子を素早く集塵することで、微細なウイルスも集塵・殺菌できるようになっています。

世界レベルの滅菌システムで徹底した衛生管理

・治療器具: 100%滅菌処理を行うか、またはディスポーザブル(使い捨て)のものを使用しています。材質上、滅菌が不可能な治療器具は一人ずつ専用なものとし、殺菌、消毒する器具の使い回しは一切行っていません。
・オートクレーブ(高圧蒸気滅菌器):治療に使用した器具は、このオートクレープの高圧蒸気で毎回滅菌処理が行われ、処理後にパッキングされた状態で保管されています。次回使用する時に、開封するなど院内感染予防を徹底しています。
・洗浄機器:治療器具の種類や大きさに合わせて洗浄機器を使い分けています。タービンと呼ばれる歯を削る器具は治療毎に取り替えて、専用洗浄器で洗浄しているので、ムラなく確実な洗浄ができます。

関係者・従業員対策

常日頃より行っていることですが、より一層細心の注意を払って、安全確保に努めています。

・マスク着用の義務化
・自宅待機・受診の指示:発熱、咳、倦怠感を伴う場合は自宅待機及び専門医療機関への受診を指示しています。

正しいマスク装着のポイント

感染防止に一定の効果が期待されるという「不織布マスク」は、繊維や糸を絡み合わせた薄いシート状の布を使って、3重構造にしたものが主流になっています。中央の静電フィルターでウイルスを帯電・捕集し、飛沫によるウイルスの侵入を防ぎます。但し、万能ではありません。

自衛隊方式

マスクを有効に使うことで注目されているのが、自衛隊方式といわれるマスクの取り扱い方です。保菌者との濃厚接触が避けられない現場であった、クルーズ船やチャーター便帰国者への対処で、感染者ゼロの任務を遂行したのが自衛隊でした。自衛隊だから特別なことをやれたという訳ではなく、誰でもできる基本に忠実な方法でした。

・マスク着用時は、鼻にあたる部分を押さえて隙間を無くす。
・マスクを鼻まで着ける。
・鼻の周りの隙間を無くす。

マスクの装着方法

表裏を間違えない

メーカーによって、マスクの紐が表側にあるものと裏側にあるものがあります。実際に着けてみると、マスクの紐が外側にあるものの方が密着度はより高くなるようですが、説明書に従い、また「OUT」などと文字が印字されていれば、正しく読める方が表側になります。

表裏が分からない場合の見分け方

・不織布マスクなら上下どちらかに「ノーズワイヤー」が必ず入っているので、入っている方が上になります。
・不織布マスクについているプリーツの向きを確認して、上のプリーツが下のプリーツを覆うような向きで装着します。上下が逆さまだと、プリーツのひだが上に開いて、隙間に細菌やウイルスが入り込み易くなるので、注意してください。

隙間を無くすポイント

・鼻:装着前に鼻にフィットさせるために、きれいな手で山折り谷折りの「W」の形に折り曲げておき、ノーズワイヤーを鼻のラインに合わせ、鼻の上からワイヤーを押さえて、鼻の形に合わせて微調整します。
・顎:顎の下まで、すっぽりと覆ってください。
・頬:鼻と頬の間は隙間ができ易いので、指で馴らすなどして隙間を作らないようにしてください。

カテゴリ