妊婦さんの歯とお口のケアInformation

妊婦さんの歯とお口のケア

妊娠中は虫歯や歯周病などの口内トラブルが起き易くなります。トラブルが酷いと早産などのリスクが高まることもありますので、しっかりケアしたいものですね。今回は妊婦さんが虫歯になり易い原因や治療、予防法を紹介します。

 

 

 

妊婦の虫歯

妊娠前から虫歯があったり、なり易い歯だったりすることもありますが、妊娠した途端に虫歯になる人も多いようです。妊娠中に虫歯になると、麻酔などを使って歯を削ったり、抜歯したりすることで赤ちゃんに影響が出るのではと、我慢して虫歯を悪化させる妊婦さんもいるようです。

 

妊婦さんが虫歯になり易い原因

つわり

つわりが酷いと、歯磨き粉の味や匂いを受け付けなかったり、歯ブラシを口に入れることも出来ない方がいます。つわりで気持ちが悪いと、どうしても歯磨きがおろそかになり、磨き残しが多くなるのです。歯磨きをおろそかにすると、虫歯菌が増え易くなり、発症や進行のリスクが高くなるのです。

 

ホルモンバランスの変化

妊娠中のバランスの変化により歯周病菌が増殖するだけでなく、唾液の性質の変化で粘りが出て細菌が活動し易くなるのです。また、唾液の減少により口内が酸性になり易く、歯の再石灰化を妨げ、虫歯になり易くなります。

 

口内の酸性化

つわりのせいで食事の量が減ったり、子宮が大きくなって胃が圧迫されると、少量の食事を沢山するようになります。食事の間隔が短くなると、唾液で中和する時間が少なくて虫歯が増えてくるのです。

 

予防

デンタルフロスの利用

つわりのせいで歯ブラシを口に入れられない、長い時間磨けないといった妊婦さんにはデンタルフロスがおススメです。ブラッシングでなく、特に歯と歯茎の境目に丁寧にブラシを当てて、1日に1度歯間ブラシやデンタルフロスを使って磨いてください。

 

栄養素の摂取

健康な歯を保つためには、歯の石灰化に必要なカルシウムやリンが欠かせません。またビタミンA、C、Dも歯にとっては大事な栄養素です。ただし、動物性食物に含まれるレチノールは胎児の奇形発症リスクを高めるので、野菜や果物からビタミンAを摂るようにしてください。また、良質のタンパク質をしっかり摂取することも心掛けてください。

 

糖分を控える

糖分は虫歯菌のエネルギーとなるので、口の中に糖分が長い間あればあるほど、虫歯菌にとっては住みやすい環境になり、虫歯になり易くなるのです。

 

キシリトールの摂取

キシリトールが含まれるガムなどを噛むと唾液が出て、口の中が健康的な状態になります。

 

妊婦歯科健診

地域によりますが、母子健康手帳の交付の時に妊婦歯科健診の無料受診券が交付され処もあるので、利用してください。歯科医院でのレントゲンや麻酔の使用が胎児には良くないと考えている妊婦さんもいるようですが、実際には首より上の処置ですから、胎児に大きな影響を与えることはありません。どうしても気になる方は歯科医師にご相談ください。

 

妊娠中の歯磨き方法

つわりのせいで歯磨きが辛い時でも、以下の方法で最低限のケアをしましょう。

・つわりが軽い時に歯磨きをしましょう。
・ヘッドの小さな歯ブラシを使いましょう。
・歯磨き粉は無臭タイプ、または微香性のものを使いましょう。
・歯磨き粉は使用せずに、ブラッシングだけにしましょう。
・歯磨きが出来ない場合は、マウスウォッシュやお茶でうがいをしてください。

 

妊娠中の歯周病

妊娠中はホルモンバランスの変化によって歯周病になりやすく、妊娠性歯肉炎という妊婦さん特有の病気もあります。

 

妊娠性歯肉炎

妊娠をきっかけに、歯茎が炎症を起こし赤く腫れたり出血し易くなります。

 

原因

・女性ホルモンのエストロゲンが増えると、歯茎の溝の中に住むプレボテラ・インターメディアという歯周病細菌が増殖します。歯と歯茎の隙間をきちんと歯磨きしないでいると歯肉炎を起こすリスクが高くなります。

 

・妊娠により唾液の量が減ると、潤いが少なくネバネバ状態になって、口内が浄化されず細菌が繁殖し易くなるのです。その結果、歯茎の炎症も起こり易くなります。

 

・妊娠の週数が進むと子宮が大きくなり、胃を圧迫するようになります。すると何時も胃もたれを感じたり、少量で満腹を感じるようになります。一度に食べられる量が減り、1日に何回も分けて食べると、食事の間隔が空かないので、歯に食べ物が付着していることが多くなるのです。また、歯垢(プラーク)が溜まり、歯肉炎を起こし易くなるのです。

 

・妊娠中は味覚や臭覚が敏感になり、特定の食材、特に匂いの強い野菜などは食べられなくなるものです。普段はバランスの良い食生活を送っていたのに、偏食によって栄養バランスが崩れ、ビタミン類の摂取量が不足し易くなるのです。特にビタミンB不足は歯肉炎を起こし易いので注意してください。

 

・つわりのせいで吐き気がして、歯磨きがおろそかになると、口中が不衛生になり歯周炎が起き易い環境を作ってしまいます。歯磨き粉の使用を控えるなどの対策で、可能な限りこまめに歯磨きをする習慣を守りましょう。

 

いかがでしたか、妊娠期こそお口の中の管理をしっかりして、健康な状態を保ってください。

カテゴリ