虫歯の応急処置Information

虫歯の応急処置

夜中や歯医者さんがまだ閉まっている時、歯が急に痛くなったらどうしますか?そんな時にできる虫歯の応急処置をご紹介します。

 

 

 

 

自分で出来る対処法

口の中を清潔に

食後に歯が痛くなった場合は、食べカスが虫歯に詰まって神経を圧迫している可能性があります。爪楊枝や糸楊枝で食べカスを取り除き、ぬるま湯でゆすいで、口の中を清潔に保ちましょう。その後、ノンアルコールなどの低刺激性のうがい薬を口に含んで、痛む歯の周囲に行き渡らせましょう。

市販の痛み止め

頭痛薬などの鎮痛剤は歯の痛みを少し和らげることができます。完全に痛みを抑えるのは難しいので、むやみに用法・用量を増やしたり、1週間等の長期や空腹時の服用は避けましょう。購入時は薬剤師さんに、他に使用している薬の有無や合併症について相談の上、購入してください。服用すれば一時的に痛みは引きますが、また痛みが増す前に歯医者に行きましょう。

身体を温めない

痛みが続いている場合、身体を温めると血行がよくなって、痛みが更に強くなります。入浴は控えてシャワーを浴びる程度にして、飲酒や喫煙は中枢が麻痺して、一時的には痛みを忘れることができますが、血液の循環が良くなり、その後激しい痛みに襲われるので、飲酒や喫煙を控えて安静に過ごしましょう。

患部を頬から冷やす

痛いところに頬の上から、「熱さまシート」や「冷えピタ」などの解熱シートを貼ったり、氷水などで冷やしたタオルで冷やします。血の巡りを抑えることで、歯痛を和らげる効果があります。頬が冷たくなり過ぎたら、タオルを外し、しばらくしたらまたタオルを当てる、これを繰り返します。

氷を含んで冷やす

氷を口に含んで冷やすのは、知覚過敏や軽度の虫歯には逆効果ですが、歯がズキズキ痛むような重い虫歯には効果があります。

歯痛の原因

知覚過敏

虫歯は無いのに冷たいものがしみる、歯ブラシが当たるとピリッと痛むなどの場合は、「知覚過敏」の可能性があります。

虫歯

虫歯が原因のことはよくあります。歯の間や裏側など、気づかない場所にできることもあります。

歯の根の病気

歯髄炎

歯髄(歯の神経や血管がある部分)が細菌感染して炎症が起こった状態です。

根尖性歯周炎

歯の根の先に炎症が起こって化膿し、周辺組織にも感染が広がった状態です。

歯が割れている

以前に治療した歯が脆くなって、歯の咬み合わせに問題があったりすると、歯が割れて歯痛の原因になります。

噛み合わせに問題

歯科治療後に咬み合わせが変わって、強く当たる処に痛みがでることがあります。咬み合わせを調整することで多くは改善されます。放っておくとその部分が歯周病や歯根膜炎、さらに顎関節症になり易くなります。

関連痛

歯に全く異常がなくても、内臓が悪かったりストレスがあったりと、歯と関係ない部分に原因があることがあります。他の部分の負担から来ている関連痛があります。

いかがでしたか、歯痛の原因にもよりますが、歯医者さんにすぐいけない場合は、これらの応急処置がきっと役に立つと思います。

是非、参考にしてみてください。

カテゴリ