抜歯とその後の注意点Information

抜歯とその後の注意点

「親知らずを抜く手術で大変だった」という話を聞いたことはありませんか?親知らずの生え方によっては、やや大掛かりな手術になるケースもあります。でも、手術中は麻酔が効いていますから、患者さんにはわからないものです。でも、患者さんにとって大変なのは、麻酔が切れてからの対応です。今回は抜歯とその後、気を付けてほしいことを紹介します。

 

 

抜歯

口の中の手術でも最も頻繁に行われている、皆さんご存じの歯を抜く手術です。

状況

大きな虫歯や親知らずの炎症、重い歯周病、歯のひび割れなどに対して行われます。

手術前経過

現在は歯を保存することが最も重要視されているので、どの病院でも簡単には抜歯を行いません。抜歯に至るまでにはいろんな方法で保存を検討します。それでも抜歯しなければならない状況に至ったのは、ある意味、歯の寿命と考えられます。

抜歯手術

普通抜歯:難易度1

特に「抜歯を困難にする理由」がない場合は普通抜歯となります。親知らずなどが斜めに生えていた場合でも、真っ直ぐと同じ処置が可能ならば、普通抜歯として大きな困難なく手術できます。

難抜歯:難易度2

歯根が歯槽骨(しそうこつ:歯を支える骨)に癒着(骨性癒着/アンキローシス)している場合は、骨を削って抜歯(骨開削)します。尚、大臼歯の歯根が2つ以上ある場合は、歯を分割して、問題のある歯根だけを抜歯することもあります(分割抜歯)。「歯根が湾曲している歯」「歯根が肥大している歯」も難抜歯に分類されます。

埋伏歯:難易度3

歯が歯茎や歯槽骨に埋まっているものを「埋伏歯」と呼び、中でも骨と癒着して埋まっている「骨性埋伏歯」は抜歯が著しく困難です。親知らずが横向きに埋まっていると「水平埋伏智歯」と呼ばれ、歯茎を切開し、歯の頭の部分を切除してから抜歯する「水平埋伏智歯抜歯術」が適応されます。

抜歯後の注意点

痛み止め薬

抜歯手術には麻酔を行いますが、その効果は約60分~180分くらいです。その麻酔の持続時間を過ぎると、抜歯を原因とする痛みが生じます。そこで痛み止めが必要となるので、麻酔が切れる前に薬を飲む必要があります。また、もう一つ渡される薬は化膿止めで、抜歯後は細菌が血液中に侵入することもありますから、必ず飲むようにしてください。

麻酔による怪我

麻酔の効果が切れるのは最低1時間後ですが、口内の出血が止まるのは30分後くらいです。だから抜歯後30分くらいで食事をすると、麻酔のせいで口が麻痺しているので、怪我に気が付かないことがあります。

代表的怪我

・火傷:麻酔で口内の温度に鈍感になっているため、食べ物の温度がわからない。
・頬の肉を噛んでしまう:口内が麻痺しているために、頬の内肉を噛んでも気づかない。

食事の摂り方

ポイント

・抜歯後の食事開始のタイミングは、抜歯した場所の血が止まっていること、麻酔の効果が切れた時になります。
・抜歯後の傷痕部分に物が当たらないよう、反対側の歯で噛むようにする。
・なるべく柔らかい物を食べる。
・出血や細菌感染の原因になるので、傷痕を指でさわらない。
・抜歯後に歯茎を縫い合わさない場合、抜歯跡に血餅と呼ばれる黒いジェル状の物質ができます。食べかすが穴に入った場合は、血餅が飛び出さないように、口は軽くゆすぐ。歯磨きのブラシで触れるのも気をつけること。

おすすめの食事

抜歯後は、麻酔が切れると患部や顎が痛くて、口を大きく開けられなくなります。また硬い物を食べると、抜歯した部分を傷つけるなど色々と問題が生じるので、柔らかい食べ物のほうが無難です。以下におすすめの食事を挙げます。

・うどん ・おかゆ ・おじや ・雑炊 ・チーズ ・そうめん ・冷奴 ・湯豆腐 ・玉子あんかけ ・玉子豆腐 ・杏仁豆腐 ・ヨーグルト ・プリン ・茶碗蒸し ・ワンタンスープ ※食事の温度は低めに設定の事。

NGな食事

・飲酒、辛いもの(※血行が促進され出血しやすくなるから)
・喫煙
・熱い飲食物(※麻酔のせいで温度感覚がないから火傷をしやすいから)
・硬い食べ物(※スナック菓子等)
・口を大きく開ける必要のある食べ物
・ストロー使用の飲食物(※口内の圧力が変化し、抜歯後塞がれるかさぶたが外れる可能性がある)

出血

唾液に血が混ざる程度なら問題ありませんが、多量に出血している場合は清潔なガーゼかティッシュで軽く押さえて、10~30分程圧迫止血します。完全に止める必要はなく、唾液に少し血が混ざる程度で止血を終えて大丈夫です。それでも止まらない場合は、歯医者さんに連絡してください。出血を気にし過ぎて頻繁に血を吐き出したり、うがいをするのは、出血を増やす原因となります。これらが原因で血が不足すると、歯茎を治すために必要な血液が減って、傷の治りが遅くなってしまいます。

腫れ

抜歯後の腫れには個人差があり、腫れが酷いと慌てますが、たいていの場合、少し冷やす程度で腫れは引きます。

冷やすポイント

炎症時の腫れや痛みは血管の拡張が原因です。腫れは患部を冷やすことで症状を抑えられますが、炎症は身体の正常な反応ですから、正しい身体の働きを抑制する結果になり、治癒を遅らすこともあります。そのため、歯医者さんから受け取った痛み止めで対応し、耐えられない場合のみ、冷やすようにしましょう。氷は絶対使わず、水で濡らしたタオルで頬の上をふれる程度に留めましょう。

風呂や運動

身体が温まって血行が良くなると、出血しやすくなるので、抜歯後の運動は避けた方が良く、またお風呂も、ぬるま湯のシャワーを軽く浴びる程度にしてください。

抜歯後の悪影響

顎の感覚麻痺

親知らずが骨の神経に触れていると、生じる場合があります。

しみる

親知らずの手前の歯が虫歯に近い状態だと、しみる場合があるので、通常の虫歯治療を行うことになります。

その後の経過

抜歯がうまくいって歯茎を縫合した場合は1週間ほどで抜糸します。ただ、抜歯跡が完全に塞がるには個人差があり、1~6ヶ月程度となります。

 

いかがでしたか、親知らずが気になっても、普通抜歯なら難しいものではないので、早めに歯医者さんに相談してみてください。

カテゴリ