人知れず矯正治療出来る「インビザライン」Information

人知れず矯正治療出来る「インビザライン」

矯正治療で綺麗な歯並びにしたいけれど、目立つのは嫌!と思っているあなたに朗報です。それが「インビザライン」と呼ばれるマウスピース型の矯正装置を使った目立たない治療法です。今回は「インビザライン」を使った矯正治療について、ご紹介します。

 

 

 

インビザラインについて

インビザラインは、アメリカのアライン・テクノロジー社で開発された、コンピューター技術を駆使して「見えない」「痛くない」を追求した、オーダーメイドのマウスピース型歯科矯正装置です。1997年にアメリカで始まってから、全世界340万人以上の治療実績があり、ハリウッドセレブも利用していると云われています。

インビザラインの費用

最新の矯正治療だから、高額なのでは?との懸念もあるかもしれませんが、当医院では歯科矯正中の追加料金や管理料・処置料は一切かからず、最初の検査料3万5千円に85万円のみのご費用で最後まで治療可能です。

アメリカと同等の金額

インビザライン発祥で、歯科矯正の先進国であるアメリカと云っても、治療費は安くなく、多くの人が歯の医療保険に加入して、治療費を抑えています。それでも、インビザラインにかかる費用は50万円~100万円程度かかります。日本でインビザラインの治療をする場合は、当医院も同じですが、アメリカのアライン・テクノロジー社に歯のデータを送って、マウスピースの製作・発送を依頼します。歯科矯正は健康保険適用外ですから、費用は自己負担になりますが、アメリカで治療を受けるのと変わらない費用で、同等のマウスピースを作ることが出来ます。

インビザラインのメリット・デメリット

プラスチック製のインビザラインは、アライナーと云うマウスピースを嵌めますが、一般の人が気づきにくいほどの透明感があって、日常生活をいつも通り送れると評判です。

メリット

  • 装置が目立たない:透明なマウスピース型なので、とにかく装置が目立ちません。
  • 痛みが少ない:インビザラインは薄くて柔らかく、その上オーダーメイドで作られているのでフィット感があり、痛みの心配は必要ありません。
  • 取り外しが簡単:固定型の矯正装置では、取り外しが困難でしたが、インビザラインでは自分で簡単に取り外しが出来ます。外したままで食事や歯磨きが出来るから、虫歯の原因にならず、口の中はいつも衛生的です。
  • 忙しい方にピッタリ:他のマウスピース型の矯正装置では、毎月歯型をとって、新しいマウスピースを作る必要があります。でも、インビザラインでは治療前にコンピューターで治療後までの型をつくるので、1ヶ月半から2ヶ月おきの通院で済みます。
  • 金属アレルギーの方にも安心:素材が柔らかいプラスチックだから、金属アレルギーの方にも安心して使って頂けます。
     

デメリット

  • 装着時間の厳守:インビザライン治療中は、出来るだけ食後30分以内に歯を磨いて、1日あたり20時間以上の装着が必要とされています。これを守らないと、矯正期間が延びたり、矯正結果に影響が出ることもあります。
  • 治療できる歯科医院が少ない:インビザラインの治療法が日本に入ってきたのは2000年代になってからです。対応できる歯科医院はまだ少ないのですが、当医院はインビザライン治療実績のある認定専門医が在籍しているので、その心配はありません。
     

インビザラインをつける期間

歯科矯正は、強い力を加えれば早く動くと云うものではなく、骨や歯根にダメージを与えずに少しずつ力を加えて動かします。通常、矯正治療終了までには2年以上かかると云われますが、インビザラインではどのくらい治療期間がかかるのでしょうか。

・矯正する箇所の歯並び状態や本数によって異なりますが、他の歯科矯正と比較しても装着期間はそう変わりません。軽症なら、1年以内で終了できます。
・1日20時間以上の装着時間を守り、治療が順調に進んだフル矯正の場合で、1年半から2年半くらいですが、多少の誤差も考え、余裕を持って取り組む方がよいでしょう。
・前歯に隙間があるだけの歯列矯正なら、1年未満で綺麗な歯並びになる場合もありますが、凸凹で咬み合わせが悪い場合は、長期に亘ることもあります。
・日本人に多い八重歯を、抜歯せずインビザラインで矯正する場合があります。症状にもよりますが、2年前後の矯正期間が必要でしょう。

いかがでしたか、今、話題の歯科矯正法「インビザライン」は、0.5㎜の薄さの透明素材だから、装着していても気づかれ難いと評判です。まだ、取り扱っている歯科医院が少ない中、認定専門医が在籍する当医院なら、安心して治療を受けられます。

カテゴリ