気になる審美歯科とは?Information

気になる審美歯科とは?

歯科治療には、「虫歯や歯周病を治す」、「しっかり噛めるように歯を調整する」などの機能的な面と、「歯並びを整える」、「白くて形の良い歯にする」などの美観の側面があります。この両方の面を満たした上で、美しさの観点を加味した歯科治療が審美歯科治療になります。今回は、その審美歯科治療についてご紹介します。

 

 

 

審美歯科治療

審美治療の種類

PMTC(Professional Mechanical Tooth Cleanig)

コーヒーやお茶、タバコのヤニなどによる歯の着色、歯垢などの汚れをクリーニング器材を使って1本1本丁寧に除去して、本来の歯の白さを取り戻す方法です。口臭や虫歯、歯周病の予防になると同時に、すっきりとリフレッシュ出来ます。

 

ホワイトニング

コーヒーや紅茶などによる歯の着色を、歯を削らずに安全に白く美しくします。専用のホワイトニング剤を歯に塗って少しずつ歯を白くします。オフィスホワイトニングは歯科医院で、ホームホワイトニングは自宅で行えます。

 

オールセラミッククラウン

虫歯治療で歯を大きく削って、セラミック(陶材)製のクラウン(被せ物)を被せます。保険治療ではレジン(プラスチック)や金属が使われますが、不自然に目立ちますし、時間の経過と共に変色や劣化が起きてきます。その点、セラミックでは天然歯と間違えるほど美しく自然な仕上がりになります。耐久性にも優れ、しっかり噛めるので、適切なケアさえ怠らなければ長く使用出来ます。強い衝撃などで欠けてしまうことがありますが、金属材料を一切使用していないので、金属アレルギーの方も安心して使用出来ます。

 

ジルコニアセラミッククラウン

クラウンの中は、驚異的な強度のある酸化ジルコニアを使い、外の見える部分だけにセラミックを張り付けたものです。丈夫で天然歯に近い仕上がりの上に、表面は滑らかで汚れ難く、細菌の付着が少ないというメリットがあります。金属素材を使っていないので、金属アレルギーの心配もありません。

 

ジルコニアセラミックインレー

インレーは虫歯治療で削った部分を補うための詰め物で、主原料として酸化ジルコニアを使っています。強い衝撃などで欠けてしまうこともありますが、天然歯に近い仕上がりで銀歯のように目立ちません。削った部分が大きい場合は、クラウンを使うことになります。

 

ラミネートベニア

歯の表面を0.5㎜ほど削って、薄いセラミック製の付け爪のようなものを前歯に貼り付ける治療です。生まれつき変色の強い歯を白くしたり、歯の隙間を整える目的で行われます。白くて透明感があるセラミックですから、美しくて自然な仕上がりです。クラウンなどの治療と比べて、歯を削る量が少なくてすむというメリットがあります。

 

メタルボンド

歯を大きく削って、被せるクラウン(被せ物)の一種ですが、金属フレームにセラミックを焼き付けています。金属フレームだから耐久性に優れ、強い力がかかる奥歯に適しています。ただ、内部が金属なので、見た目の透明感や色合いはオールセラミッククラウンに劣ります。また、歯茎が痩せて金属部分が見えたり、金属イオンが溶け出して歯が黒ずんで見えたりもします。尚、金属アレルギーの方には使用できません。

 

クリーニング

歯の表面にこびりついた汚れや、歯と歯、歯茎の隙間の汚れを専用の器具などで取り除きます。日常のブラッシングでは取り除けない汚れを放っておくと、虫歯や歯周病の原因になるので、定期的に歯科医院でクリーニングを受けることをお薦めします。

 

審美義歯(ノンクラスプデンチャー)

従来の義歯には金属のバネがあって、口を開けると見えてしまうことがありますが、金属のバネがないので審美性には優れています。薄くて軽い素材で出来ているので着け心地がよく、金属のバネで固定しないので、他の歯に負担をかけずにしっかりと噛むことが出来ます。

 

 

いかがでしたか、機能的な面に美しさの観点を加味した治療で、その後の満足度も高くなりますね。

 

カテゴリ